自宅に眠る「埋蔵携帯」市場価値 2兆1000億円

自宅に眠る「埋蔵携帯」市場価値 2兆1000億円
k10012092441_201909201958_201909202000.mp4
買い替えなどで使われなくなり、そのまま自宅で眠っている全国の携帯電話やスマートフォンの市場価値はおよそ2兆1000億円に上るという試算を経済学の専門家らがまとめました。
試算を行ったのは、「阪神タイガース優勝の経済効果」や「恵方巻き廃棄の損失額」など、身近な出来事を経済学の視点で分析してきた、関西大学の宮本勝浩名誉教授と、中古スマートフォンの買い取り・販売事業を行う民間の会社「ゲオ」です。

宮本名誉教授は、買い替えなどで使われなくなり、そのまま自宅で保管されている個人の携帯電話やスマホを「埋蔵携帯」と名付け、国の白書や業界団体のデータをもとに、その台数を推定しました。

その結果、国内にある「埋蔵携帯」の推定台数は、スマホがおよそ1億3000万台、「ガラケー」と呼ばれるタイプの携帯電話がおよそ8000万台となりました。

この台数に、店舗での平均買い取り価格を掛け合わせた結果、「埋蔵携帯」の市場価値は合わせておよそ2兆1000億円にのぼると推定したということです。

携帯やスマホの電子基板に含まれる金や銀、パラジウムといった、希少な金属の価値だけを試算してもおよそ460億円になるということです。

「埋蔵携帯」の市場価値が2兆円を超えた要因について、宮本名誉教授は「スマホが高性能化して中古市場でも価値が下がらないことや個人情報漏れが心配だったり端末そのものに愛着があったりして、使わなくなっても端末を手放さないためだろう」と分析しています。

中古スマホ買い取り 「個人情報」対策は

スマホや携帯を手放す際、気になるのは、中に保存していた写真やメールなどの個人情報です。

中古スマホの買い取り・販売事業を行っている民間の会社「ゲオ」では、買い取りの際、元の持ち主のデータが消去されていることをその場で確認しています。

さらに、買い取ったスマホを集め、特殊なソフトを使ってデータを復元できないようにする処理を行っています。

使用しているソフトは、スマートフォン内部のメモリーに、デジタルデータをさらに上書きすることで、前の持ち主のデータを物理的に読み取れなくする仕組みです。

この会社では、月平均でスマホなどの中古端末およそ10万台のデータ消去を行い、次の利用者に向けた販売を行っているということです。

担当するゲオの戸塚健人さんは「個人情報の流出には、とても厳しい目が向けられていますので、売る方にも買う方にも安心してもらうために、念には念を入れて情報の消去に取り組んでいます」と話していました。

「埋蔵携帯」は「都市鉱山」

使われなくなったあと、自宅で「埋蔵」されることも多い携帯やスマホですが、中の電子基板には金や銀などの希少な金属が含まれ、うまく処理すればこうした金属を回収できることから「都市鉱山」とも呼ばれています。

来年開催される東京オリンピック・パラリンピックでも大会で使われる金・銀・銅メダル合わせておよそ5000個を「都市鉱山」から作り出そうと、全国で携帯電話や小型家電の回収が進められ、2年間ですべてをまかなうだけの量が集まりました。

都市鉱山から希少金属を取り出している工場は国内にも複数あり、このうち兵庫県尼崎市にある「アサヒプリテック」の工場では古いスマホや携帯の基板から金などの希少金属を取り出す事業を行っています。

希少金属を取り出す工程では、回収した大量の基板を機械を使って小さく砕いたあと、薬品で溶かすなどの処理を行います。

今回、取材できたのは、最初の細かく砕く作業だけで、その先の工程で、どんな装置や薬品を使うのかは、独自のノウハウがあり、企業秘密だということでした。

端末の種類によって多少の差はありますが、最終的には、携帯やスマホ1台の基板からおよそ0.03グラムの金を回収でき、同じ重さのパソコンの基板から取り出せる金のおよそ3倍に上るということです。

アサヒプリテックの坂本一弘さんは「金の割合が高い携帯の基板は、『都市鉱山』という観点からは質が高い、貴重なものです。回収した金は再び、電子基板の製造メーカーや宝飾品を製造される企業に出荷していて需要は高まっていると感じています」と話していました。

携帯の中の思い出 復活サービスも

一般社団法人「電気通信事業者協会」などがことし発表した調査結果によりますと、通信機器として利用していない携帯端末、いわゆる「埋蔵携帯」を持っている理由として最も多かったのが「特に理由はないが何となく手放しがたい」が25%、次いで「端末に愛着があり、思い出として保存している」が20.9%、そして3位は「写真やメールなど保存しておきたいデータがあるが移行できなかった」が18.4%となりました。

こうした「データを移行したい」という声に応えようと、大手通信会社の「KDDI」は2年前から、古い携帯電話を無料で復活させるイベントを全国で行っています。

電源の入らない携帯は単に電池が消耗しているだけで中のデータは残っているケースが多く、専用の装置を使って電池を復活できれば、7割ほどの確率でデータが取り出せるということです。

今月中旬、大阪 八尾市のショッピングモールで行われたイベントでは、40代の主婦が10年ほど前と4年ほど前まで使っていた2台の携帯電話を持ち込みました。担当者が状態を確認して、専用の装置などを使うと電池が復活して電源が入り、携帯に残されていた、2人の子どもの幼い頃の写真を取り出すことができました。

女性は「データが復活して本当にありがたいです。こうやって思い出が残っているのがうれしいですよね。はやくデータを移さないといけませんね」と話していました。

「思い出の写真をコピーすれば携帯電話を手放せますか?」と尋ねると、女性は「まだちょっと手放せませんね。携帯電話は連絡をとるだけの道具、ただの通信機器だったはずなんですけど、いまではそれ以上の『何か』になっている感じがします」と話し、携帯電話そのものへの思い入れが強くなり、簡単には手放せない心境を語っていました。