“ヒグマ渋滞”発生 車から降りず通過を 北海道 知床半島

“ヒグマ渋滞”発生 車から降りず通過を 北海道 知床半島
k10012091641_201909201615_201909201620.mp4
北海道の知床半島では、野生のヒグマを撮影するため大勢の観光客が道路に車を止める「ヒグマ渋滞」が発生しています。人が襲われたり交通事故が発生したりする危険性が増すとしてヒグマの保護などにあたる財団は車から降りずに速やかに通過してほしいと呼びかけています。
世界自然遺産「知床」の観光地、知床五湖に通じる道路では夏から秋にかけて、川に魚を捕るために出没するヒグマを撮影しようと、大勢の観光客が道路に車を止める「ヒグマ渋滞」が数年前から発生しています。

18日、NHKが現場を取材したところ、10人ほどの観光客が片側1車線の道路の橋の上や大型車用の回転場に駐車して、ヒグマの姿を撮影していました。

知床には、およそ500頭のヒグマが生息すると推定されていて、ヒグマの保護や管理をしている「知床財団」は、人がヒグマに襲われたり、ヒグマが人に慣れたりするほか、車どうしの事故も発生するとして危機感を強めています。

「知床財団」は今月中旬、「ヒグマ渋滞」の現状やヒグマが観光客の車に近づく様子を動画で撮影してSNSに投稿したり、目撃情報をもとに付近をパトロールしたりして、21日からの3連休を前に、注意を呼びかけています。

「知床財団」の能勢峰さんは「観光客が近づいてヒグマの攻撃を誘発すると、そのヒグマは駆除しなければならなくなってしまう。ぜひ、車から降りずに速やかに通過してほしい」と呼びかけています。

一方、地元の斜里町も道路に駐車しないことやヒグマに近づかないことを呼びかける看板をできるだけ早く、渋滞発生場所に設置して、注意を呼びかけることにしています。