サウジ石油施設攻撃 米長官帰国し協議へ イランは米をけん制

サウジ石油施設攻撃 米長官帰国し協議へ イランは米をけん制
k10012090751_201909200437_201909200439.mp4
サウジアラビアの石油関連施設への攻撃を受けて関係国と協議したアメリカのポンペイオ国務長官は「イランが攻撃したのは明らかだ」と述べ、帰国してトランプ大統領と対応を検討する方針です。これに対し、イランは改めて関与を否定し、イランに対する攻撃は全面戦争につながるとしてアメリカなどの動きをけん制しました。
サウジアラビアの石油関連施設への攻撃を受けて、アメリカのポンペイオ国務長官はサウジアラビアに続き、19日にはUAE=アラブ首長国連邦を訪れ、協議しました。

このあと、取材に応じたポンペイオ長官は、「イランが攻撃したのは明らかで、この地域の共通認識だ。それを疑う声は全く聞かなかった」と述べ、イランの攻撃だと改めて強調しました。

そのうえで、関係国との協議の結果、重要な情報が得られたとして、帰国後、トランプ大統領と対応を検討する方針を示しました。

また、ポンペイオ長官は、「イランの行動を防ぐため、さらにすべきことがある」と述べ、イランに追加の制裁を科す考えを示しました。

一方、アメリカCNNテレビは19日、イランのザリーフ外相のインタビューを伝え、この中でザリーフ外相は、改めてイランの関与を否定しました。

また、アメリカやサウジアラビアがイランを攻撃した場合、「全面戦争になる」としたうえで「誤った情報をもとにした軍事行動は、多くの犠牲者を生むことになるだろう」と述べて、アメリカなどの動きをけん制しました。