男子中学生がクマに襲われけが 秋田 鹿角

男子中学生がクマに襲われけが 秋田 鹿角
k10012090411_201909192258_201909192300.mp4
19日午後6時半すぎ、秋田県鹿角市で下校途中の中学生がクマに襲われて頭に軽いけがをし、市は、クマに注意するよう呼びかけています。
19日午後6時半すぎ、鹿角市花輪で中学3年生の男子生徒が、歩いて下校していたところクマに襲われ、頭をかまれました。けがの程度は軽いということです。

現場は、鹿角市の中心部にあるJR鹿角花輪駅から北東に1.3キロほどのところで、警察によりますと、男子生徒は中学校のすぐ東側にある林の間を抜けて県道につながる階段でクマに襲われたということです。

男子生徒は、「階段を下りている途中、クマと鉢合わせになりクマが向かってきた。大声を出すと逃げていった」と話しているということです。

鹿角市は、当面の間、この階段付近を立ち入り禁止にするとともにクマに注意するよう呼びかけています。

また、中学校では、生徒の安全を確保するため、20日朝の登校時間を午前7時40分から50分までの10分間に限定し、学校の敷地内のほか、通学路に教員や市の職員が立って登校を見守るということです。