鹿せんべい値上げへ 消費増税の10月1日から 奈良公園

鹿せんべい値上げへ 消費増税の10月1日から 奈良公園
k10012090311_201909192056_201909192057.mp4
奈良公園の「鹿せんべい」が、28年ぶりに値上げされることになりました。来月からの値段は今より50円高い10枚200円。関係者は、「売り上げの一部はシカの保護にも役立てられるので理解してほしい」と話しています。
シカの餌として有名な「鹿せんべい」は、シカの保護団体などが販売しています。

価格は10枚150円でしたが、来月1日からは50円高い200円に値上げすると言うことです。

材料となる小麦粉などの価格の高騰や消費税率の引き上げ、それにシカの保護活動にかかる費用が増えていることなどが理由だと言うことです。

「鹿せんべい」の値上げは28年ぶりで、シカの保護団体「奈良の鹿愛護会」の蘆村好高事務局長は「遠足や修学旅行で訪れる子どもたちのことを考えると値上げに慎重な意見もあったがさまざまな要因が重なりやむをえなかった。売り上げの一部はシカの保護にも役立てられるので理解してほしい」と話しています。