さいたま 小4男児殺害 父親を逮捕 遺体遺棄の疑い

さいたま 小4男児殺害 父親を逮捕 遺体遺棄の疑い
k10012090301_201909192339_201909192341.mp4
18日、さいたま市見沼区の集合住宅の敷地内で、この住宅に住む小学4年生の男の子が殺害されているのが見つかった事件で、警察は32歳の父親を男の子の遺体を遺棄した疑いで逮捕しました。調べに対し、殺害についてもほのめかす供述をしているということです。
18日午前0時40分ごろ、さいたま市見沼区大谷の集合住宅の敷地内で、この住宅に住む小学4年生の進藤遼佑くん(9)が死亡しているのが見つかりました。

警察によりますと、遼佑くんが見つかったのは自宅の向かい側にある水道メーターなどが入っているスペースで、首には絞められたような痕があったことから、警察は殺害された疑いがあると見て捜査していました。

その結果、父親で無職の進藤悠介容疑者(32)が事件に関わった疑いが強まったとして、19日夜8時すぎに、遼佑くんの遺体を遺棄した疑いで逮捕しました。

警察によりますと、調べに対し、容疑を認めたうえで「見つからないように隠した」などと供述しているということです。

また、殺害についてもほのめかす供述をしているということで、警察は事件の動機やいきさつを詳しく調べることにしています。

近所の女性「母親がかわいそう」

娘が遼佑くんと同じ小学校に通っている40歳の女性は、「母親は最愛の息子を失い、さらに夫にも裏切られた形で本当にかわいそうだ。

遼佑くんは、元気な声であいさつしてくれる本当にいい子でした。もう二度と姿を見ることができないと思うと、悲しくてことばが見つからない」と涙をこらえながら話していました。

さらに、父親については「バス停で遼佑くんと一緒にいる姿をたまに見ました。20代かと思うほど若く見え、仲がよいという感じでもなく、親戚の人だと思っていた」と話していました。