紳士服大手 コナカ サマンサタバサと資本提携

紳士服大手 コナカ サマンサタバサと資本提携
紳士服大手の「コナカ」は若い女性向けのバッグや宝飾品などを展開する「サマンサタバサジャパンリミテッド」と資本業務提携を結びました。紳士服の需要が低迷する中、サマンサタバサが持つ幅広い女性の顧客層や国内外の店舗網をいかし、女性客の開拓につなげたい考えです。
発表によりますと、コナカは「サマンサタバサジャパンリミテッド」の株式の31.3%取得し、資本業務提携を結びました。

紳士服の業界は、一部の大手銀行がスーツ着用のルールを見直すなどスーツ離れが進み、需要が低迷しています。

このためコナカは今回の資本業務提携によって、「サマンサタバサ」が持つ若い女性を中心とした顧客層や国内外の店舗網をいかすとともに共同でイベントやキャンペーンを行うなどして、女性客の開拓につなげたい考えです。

一方、サマンサタバサは若い女性を中心にバッグが人気を集め店舗を拡大してきましたが、消費者の低価格志向が続く中、最近は苦戦が続き、3期連続の最終赤字となっていました。

サマンサタバサは今回の提携によって物流の効率化などを通じて、コストの削減を図りたいとしています。