千葉県 森田知事 激甚災害指定を安倍首相に要望

千葉県 森田知事 激甚災害指定を安倍首相に要望
大規模な停電が続くなど台風15号で大きな被害が出ている千葉県の森田知事が安倍総理大臣と会談し、「激甚災害」に早期に指定するよう求めました。
千葉県の森田知事は、18日総理大臣官邸で安倍総理大臣と会談し、要望書を手渡しました。

要望書で、森田知事は、「記録的な暴風雨により、広範囲で長期にわたって停電や断水などが発生し、県民生活や産業活動に極めて深刻な影響を及ぼしている」と訴えました。

そして、「被災者の不安解消のためには、国による支援が必要不可欠だ」として、復旧にかかる自治体の費用を政府が支援する「激甚災害」に早期に指定するよう求めました。

これに対し安倍総理大臣は、「国としてもスピード感を持って全力で対応している」と述べたということです。

会談のあと森田知事は記者団に対し、「激甚災害への指定に前向きな話をいただき、指定してもらえると信じている。電力の復旧が第1で、倒木や電柱を直さなければならず、国の協力も得なければできない」と述べました。

これに先立って森田知事は、自民党本部で二階幹事長と会談し、協力を求めたのに対し、二階幹事長は、「激甚災害への指定を約束する。激甚災害に指定すれば、地域の皆さんは安心して復興に従事できる」と述べました。