8月の韓国からの旅行者前年比半減 全体も11か月ぶりに減少

8月の韓国からの旅行者前年比半減 全体も11か月ぶりに減少
k10012087661_201909181715_201909181716.mp4
先月、日本を訪れた韓国人旅行者は推計で30万8000人余りで去年の同じ月と比べて48%の減少と、ほぼ半減しました。この結果、全体の外国人旅行者も2.2%減って11か月ぶりのマイナスとなり、日韓関係の悪化による観光への影響が鮮明になっています。
日本政府観光局によりますと、先月、日本を訪れた韓国人旅行者は30万8700人と、去年の同じ月と比べて48%の減少と、ほぼ半減しました。

この結果、全体の外国人旅行者は推計で252万100人と、去年の同じ月より2.2%減少しました。

外国人旅行者数がマイナスに転じたのは台風や北海道の地震など災害が相次いだ去年9月以来、11か月ぶりです。

韓国からの旅行者はことし7月は7.6%の減少でしたが、8月は、減少幅が大きく拡大した形で、日韓関係の悪化による観光への影響が鮮明になっています。

政府は来年、2020年に外国人旅行者の数を4000万人に増やす目標を掲げていますが、国と地域別でこれまで2番目に多かった韓国からの旅行者の急激な減少が今後、どのように影響するか懸念されます。

韓国からの旅行者数の変化

日本政府観光局によりますと日本を訪れる韓国人旅行者は、年々増加し、去年1年間ではおよそ753万9000人と10年前の3倍まで増えました。

国や地域別では韓国からの旅行者は、日本を訪れる外国人旅行者のおよそ4分の1を占め中国に次いで2番目に多くなっています。距離が近く、手軽に行ける旅行先として日本が人気となっていたためです。

しかし、去年の夏以降は、大阪府北部の地震や西日本豪雨などの災害が相次いだこともあり、韓国からの旅行者の数が前の年を下回る月が増えるようになります。

そして、日本政府が韓国向けの輸出管理を厳しくしたことし7月に、7.6%減少したのに続き、8月は、48%減り、減少幅が大きく拡大しました。

韓国人旅行者の数としては東日本大震災のあとの平成23年5月に、58.3%減少して以来、8年3か月ぶりの減少幅で、日韓関係の悪化による観光面への影響が深刻化しています。

今後の旅行の予約にも影響

日韓関係の悪化で今後の旅行の予約にも影響が出ています。

大手旅行会社のJTBによりますと、韓国人向けの旅行予約サイトでは韓国から日本を訪れる旅行の予約件数は、今月、来月ともに前の年の同じ月と比べておよそ8割減少しています。一方、日本から韓国に向かう旅行の予約件数も前の年と比べて、今月は5割、来月は6割減少しているということです。

国土交通省によりますと韓国の航空会社が運航する日本と韓国を結ぶ便は、ことし7月下旬以降、大幅に運休したり、減便したりしています。

今月の第1週に運航されたのは939便で去年の同じ時期よりもおよそ15%減少していて、日韓関係の悪化が長引けば、さらに観光面での影響が広がりそうです。

田端観光庁長官「新規の予約も減少」

韓国人旅行者の大幅な減少について、観光庁の田端浩長官は記者会見で「団体旅行や個人旅行などで多くのキャンセルが発生し、新規の予約も減少している。今月に入っても、韓国の航空会社が運航する路線で運休や減便が予定され、9月1週目の運航便数は去年に比べておよそ15%減少した。為替がウォン安・円高になっていることやほかの観光地との競合といった状況も重なっている」と述べ、今後の動向を注意深く見ていく考えを示しました。

そのうえで田端長官は、「観光交流の推進は両国の相互理解の基盤であり極めて重要なので、よい面をしっかりアピールして多くの旅行者に訪問してもらえるよう取り組みを進めたい」と述べました。