IAEA年次総会 原発の水処理めぐり日本と韓国が応酬

IAEA年次総会 原発の水処理めぐり日本と韓国が応酬
k10012085151_201909171018_201909171019.mp4
IAEA=国際原子力機関の年次総会では、東京電力福島第一原子力発電所にたまり続けている水の処理をめぐり、日本政府が、「理性的な議論を行うよう求める」と述べたのに対し、韓国側が「対応が明確でなく不安が増幅されている」と主張し、IAEAにさらなる対応を求めるなど、日本と韓国との間で応酬する場面がありました。
16日からウィーンで始まったIAEAの総会では、韓国政府が総会の前にIAEAに書簡を送り福島第一原子力発電所にたまり続けている水の処理について、深刻な憂慮を伝えていて、総会で問題を提起する構えをみせていました。

これについて、日本から出席した竹本 科学技術担当大臣は総会で発言し、原発の事故後の日本の取り組みはIAEAから評価されていると強調したうえで、「廃炉・汚染水対策について、事実や科学的根拠に基づかない批判を受けることもあるが、日本が透明性をもって丁寧に公表している情報やIAEAの報告書の内容を踏まえ、公正かつ理性的な議論を行うよう求める」と述べました。

また、竹本大臣は「日本産食品の輸入規制についていまだに科学的根拠に基づかず規制を維持する国・地域があり被災地の復興に水を差している。科学的根拠に基づく早期の規制撤廃を呼びかける」と述べました。

これに対し、韓国の科学技術情報通信省のムン第1次官が発言し、「福島原発の汚染水の処分について依然として明確でなく、おそれや不安が増幅されている。日本政府の高官からは、海洋放出しかないという発言もあった。海に放出されたなら、それは日本国内の問題にとどまらず、世界の海洋環境に関わる深刻な国際問題となる」と述べ、日本側の対応を批判しました。

そのうえで、「IAEAは汚染水の環境への影響についても調査する必要がある」と述べ、IAEAがさらに役割を果たすべきだと主張しました。

これに対し、日本の引原大使が反論し、「水の処理については、まだいかなる具体的な結論も出ていない。日本はIAEAに対して協力してきたし、これからも懸念に応えていく。処理水をどうするか透明性をもって検討していく」などと述べるなど、日本と韓国との間で応酬となりました。

菅官房長官「極めて遺憾」

菅官房長官は午後の記者会見で、「韓国側の主張は事実関係と科学的根拠に基づかず、わが国にいわれのない風評被害を及ぼしかねないもので、極めて遺憾だ。韓国が事実関係と科学的根拠に基づく主張を行うよう改めて強く求めていくとともに、今後とも、国際社会に対し透明性をもって丁寧に説明していく」と述べました。