畜産試験場のブタが豚コレラに感染 長野 塩尻

畜産試験場のブタが豚コレラに感染 長野 塩尻
長野県は、塩尻市の県畜産試験場で研究用に飼育されているブタが、豚コレラに感染していたことが確認されたと発表しました。県内では、ことし2月にも感染が確認されていて、県は飼育しているおよそ350頭のブタの殺処分を行っています。
豚コレラは人には感染せず、食べても影響はありませんが、ブタやイノシシが感染すると熱などの症状が出て、高い確率で死に至る伝染病です。

長野県によりますと12日、塩尻市にある県畜産試験場で研究用に飼育されているブタ1頭がおう吐していると、試験場から松本家畜保健衛生所に連絡がありました。

国の機関が13日夜からこのブタを含む14頭を検査したところ、14日朝、このうちの8頭が豚コレラに感染していることが確認されたということです。

ブタへの感染は県内では、ことし2月に宮田村の養豚場が愛知県から仕入れたブタで確認されて以来です。

県は14日朝から、畜産試験場で飼育中の349頭の殺処分を始め、午後2時までに225頭の殺処分を終えたということで、阿部知事は県の緊急の対策会議を開き、関係機関が緊密に連携して徹底した防疫措置を速やかに進めるよう指示しました。

会議のあと、阿部知事は「飼育されているブタへの豚コレラワクチンの接種に関しては、国が責任をもって対応するべきだ。速やかに対応してもらえるよう働きかけたい」と述べました。