千葉県内 2万世帯余で断水続く 午後3時

千葉県内 2万世帯余で断水続く 午後3時
台風の影響による断水は復旧作業が進められていますが、千葉県の一部の地域では水道が利用できない状況が続いています。
千葉県によりますと、11日午後3時現在、県内にある8つの水道事業体が供給するあわせておよそ2万600世帯で断水しています。

このうち、君津市と富津市、袖ケ浦市、木更津市を管轄する、かずさ水道広域連合企業団でおよそ1万1360世帯、南房総市でおよそ6000世帯、多古町でおよそ1800世帯、鴨川市でおよそ930世帯、大多喜町でおよそ220世帯、市原市でおよそ170世帯、館山市などを管轄する三芳水道企業団でおよそ160世帯、いすみ市で6世帯となっています。