千葉県 森田知事「停電の早期復旧 東京電力に強く要請を」

千葉県 森田知事「停電の早期復旧 東京電力に強く要請を」
9日まで千葉県に暴風雨をもたらした台風15号について、森田知事は県の災害対策本部会議で、停電の早期復旧を東京電力に強く要請することなどを指示しました。
台風15号の通過から一夜明け、千葉県庁では10日朝、森田知事をはじめ、幹部らが出席して災害対策本部会議が開かれました。

まず県の各部長が9日夜の時点で、停電の影響で依然としておよそ8万9000世帯が断水していることなどを報告しました。

特に断水への対応は千葉県のみでは対応するのが困難だとして、10日午前4時に自衛隊の派遣を要請したことを明らかにしました。

これを受け、船橋市にある陸上自衛隊第1空挺団から給水活動にあたるトレーラーが県内の4市2町に出動し活動していることや、停電した病院に入院していた患者8人をヘリコプターで県北西部の医療機関に搬送する予定であることなどが報告されました。

森田知事は「今回の台風は千葉県を直撃し、大変な状況となっている。今なお57万戸以上で停電が続いており、東京電力に対し、早期復旧を強く要請してほしい」と指示しました。

また県民の不安解消のためにあらゆる対策を講じることや、インフラや農水産物関係などの被害状況の把握や復旧の対応についても引き続き全力であたることを確認しました。