小学生のきょうだい3人と祖父 川で溺れ意識不明 大阪 高槻

小学生のきょうだい3人と祖父 川で溺れ意識不明 大阪 高槻
k10012068081_201909071631_201909071632.mp4
大阪 高槻市の川で7日午後、小学生のきょうだい3人と、73歳の祖父が溺れ、4人とも意識不明の重体だということです。
7日午後2時ごろ、高槻市川西町3丁目の芥川の河川敷で、「子どもが川で溺れている」と近くにいた人から消防に通報がありました。

警察によりますと、溺れたのは11歳と9歳の女の子、それに7歳の男の子の小学生のきょうだい3人と、73歳の祖父です。4人のうち3人は、深さ2メートルほどの場所で、そして、子ども1人が浅瀬で見つかり、病院に搬送されましたが、いずれも意識不明の重体だということです。

きょうだい3人は、6日から市内の祖父の家に泊まりにきていて、7日は、みんなで川に遊びに来ていたということです。

警察によりますと、水深や流れの速さなどはふだん通りだったということで消防とともに事故の詳しい状況を調べています。現場は、JR高槻駅から南西に約1キロ離れた公園近くの河川敷です。

現場付近の女性は

現場近くに職場がある女性は「現場には消防車がいっぱい来ていた。私が見たときは2人が救急車に搬送され、その後も捜索活動が続けられていた。夏場には子どもが遊んでいる場所です」と話していました。