京急線事故 トラック 何度も切り返し右折 踏切進入も立往生

京急線事故 トラック 何度も切り返し右折 踏切進入も立往生
5日、横浜市の京急線の踏切で電車が大型トラックと衝突して脱線し、トラックの運転手が死亡、乗客など33人がけがをした事故で、トラックは踏切に右折で進入しようとしたものの1度で曲がりきれず、何度も切り返すなどして数十秒かけて入り、立往生していたことがわかりました。
5日、横浜市神奈川区の京急線の踏切で、8両編成の快特電車が大型トラックと衝突して先頭から3両が脱線し、トラックも大破して炎上しました。

トラックを運転していた千葉県香取市の運送会社勤務する本橋道雄運転手(67)が死亡し、乗客など33人が軽いけがをしました。

警察などによりますと、大型トラックは線路脇の狭い路地を右折して踏切に進入しましたが、その際、大回りして曲がろうとしたり、ハンドルを何度も切り返したりする様子が踏切に設置されたカメラに写っていたということです。

数十秒かけて右折すると、まもなく遮断機がおりて立往生したということで、警察は当時の詳しい状況を調べています。

京急線は、事故の影響で京急川崎と横浜の間で運転できなくなっていて、京急は7日始発からの運転再開を目指すとしています。

踏切の広さ トラックの大きさと動きは

警察によりますと、大型トラックは車体の幅がおよそ2.5m、全長およそ12mあります。

踏切は幅およそ11m、長さおよそ20mあります。

線路脇の狭い路地を走ってきた大型トラックがこの踏切に進入するには、路地の両側に設置されている標識のポールの間を、右折しながら全長12mの車体を通す必要があります。

警察や京急によりますと、踏切に設置された防犯カメラには、トラックが大回りするように右折を試みますが曲がりきれずに詰まってしまい、何度かハンドルを切り返す様子が写っていたということです。

目撃者によりますと、このとき進行方向に向かって路地の左側にあったポールに車体が接触したということです。

踏切に進入を試みてから数十秒後に車体は踏切内に入りましたが、まもなく遮断機がおりて立往生し、車体の左後部に電車が衝突したということです。

大型トラック ふだんと別ルートの踏切に なぜ

大型トラックが所属している会社のグループ会社の社員によりますと、トラックは5日午前4時ごろに千葉県香取市の会社を出発し、横浜市神奈川区出田町にある出荷場でグレープフルーツなどを積んで、千葉県成田市の別の会社に運ぶ予定だったということです。

トラックが所属する会社は同じ内容の配送を過去にもたびたび請け負っていて、今回トラックを運転していた本橋道雄運転手(67)も過去に3回、同じ出荷場から荷物を運んだことがあるということです。

社員は「出荷場から荷物を運ぶ場合は、事故現場の手前にある大通りを曲がって高速道路に入るのが一般的なルートだ。通常、事故があった踏切を渡ることはない」と話しています。

そのうえで「曲がるはずの大通りを突っ切ってしまったのかもしれないが、どうして今回のルートを通ったのかはわからない」と話していました。