輸出管理強化で改めて日本を非難 韓国副首相

輸出管理強化で改めて日本を非難 韓国副首相
韓国のホン・ナムギ(洪楠基)副首相は、ロシア極東で行われたロシア側との会合で演説し「いくら経済的に強い国であっても周辺国との連携が弱くなれば孤立して疎外され、結局は衰退の道を免れることができない」などと述べ、韓国への輸出管理を強化している日本政府を改めて非難しました。
韓国政府で企画財政相を兼務するホン・ナムギ副首相は、5日、ロシア極東のウラジオストクで開催されている東方経済フォーラムに合わせて行われた、ロシアの政府や企業の関係者との会合で演説しました。

この中でホン副首相は「いくら経済的に強い国であっても、周辺国との連携が弱くなれば、孤立して疎外され、結局は衰退の道を免れることができないという事実をわれわれはよく知っている」と述べました。

そのうえで「6月に日本で開催されたG20サミットの宣言文でも、自由かつ公正で差別のない貿易環境の実現が強調された」として、輸出管理の優遇対象国から韓国を除外するなどした日本政府を改めて非難しました。

日韓両国の間では、韓国が輸出管理の優遇対象国から日本を除外する方針を示していることについて、経済産業省が、3日、韓国政府に対し「根拠のない恣意(しい)的な報復措置だと考えざるをえない」として、日本を除外する理由を説明するよう求めましたが、この点についてホン副首相は言及しませんでした。