ユーチューブ 子どもの情報 違法収集 グーグルに制裁金180億円

ユーチューブ 子どもの情報 違法収集 グーグルに制裁金180億円
アメリカのFTC=連邦取引委員会は、大手IT企業のグーグルとその傘下のユーチューブに対し、1億7000万ドル、日本円で180億円余りの制裁金を科したと発表しました。ユーチューブ上で、子どもの個人情報を、保護者の同意なく違法に集めていたとしています。
これはアメリカ政府で消費者保護を担当する連邦取引委員会と、ニューヨーク州の司法長官が4日、連名で声明を出し明らかにしました。

それによりますと、ユーチューブ上では、おもちゃのメーカーなどが子ども向けの動画を流し、ユーチューブはこの動画を閲覧した子どもを含む利用者がインターネット上でどのようなホームページを見て、何に関心を持っているかなどの情報を入手し、広告戦略に役立てていたということです。

アメリカでは、13歳未満の子どもの個人情報を入手するには保護者の同意を得ることが法律で義務づけられていますが、連邦取引委員会などは、グーグルやユーチューブがこの法律に違反したとして、合わせて1億7000万ドル、日本円で180億円余りの制裁金を科しました。

会社は声明を出し、今後、子どもの個人情報を守るため必要な措置をとるとしています。

アメリカでは、フェイスブックが大量の個人データを流出させた問題をめぐり、ことし7月、連邦取引委員会から50億ドルの制裁金を科されていて、大手IT企業に対してプライバシーの保護を求める流れが強まっています。