「もう片方も聞こえなくするぞ」剣道部顧問 生徒にけが、暴言

「もう片方も聞こえなくするぞ」剣道部顧問 生徒にけが、暴言
岐阜県高山市の中学校で剣道部の顧問を務める男性教諭が、部活動の指導中、男子生徒に鼓膜を傷つけるけがを負わせたものの校長に報告せず、別の日の指導では「もう片方の耳を聞こえなくするぞ」といった暴言を浴びせていたことが分かりました。
高山市教育委員会によりますと、高山市立日枝中学校で剣道部の顧問を務める31歳の男性教諭はことし3月、男子生徒との稽古の際に竹刀が強く当たり、鼓膜を傷つけるけがを負わせたものの、校長に報告しなかったということです。

4月から5月にかけては同じ生徒に「もう片方の耳を聞こえなくするぞ」といった暴言を浴びせていたということです。

また、男性教諭はほかの生徒にも「あほ」や「ばか」といった発言をしていたということです。

教諭は生徒や保護者に謝罪し、調査に対し「励ますつもりの発言だった。けがについては保護者が『練習中のことだから』と言っていたので、報告の必要はないと判断した」と話しているということです。

高山市教育委員会は「体罰には当たらないものの、行き過ぎた指導があった」として、教諭と校長を口頭で厳重注意しました。