京アニ放火事件 献花台がつなぐ思い

京アニ放火事件 献花台がつなぐ思い
日本だけでなく世界中の人たちが途絶えることなく、連日、そこを訪れていました。

京都市の京都アニメーションの第1スタジオ近くに設置された献花台です。事件2日後から撤去される8月25日までの37日間、亡くなった人たちとファンの思いをつなぐ場所になっていました。

追悼の祈り、感謝の気持ち、再興への願いなど、献花台には訪れた人たちのさまざまな思いがありました。(取材班記者 谷口碧 海老塚恵 新地生佳)

献花は自然に始まった

事件は7月18日、京都市伏見区の京都アニメーションの第一スタジオで起きました。

押し入ってきた男がガソリンをまいて放火し、社員70人のうち35人が死亡、34人が重軽傷を負いました。いまも、重いやけどで入院している3人の社員は命の危険もある状態で、懸命の治療が続けられています。

日本のアニメーションを支えてきた多くの人たちの命が一瞬で奪われた凄惨(せいさん)な事件。

現場では翌日から手を合わせる人たちの姿が見られ、献花が自然と始まりました。
2日後には第1スタジオから南に100メートルほど離れた京阪電鉄六地蔵駅近くに、京都アニメーションが献花台を設置しました。私たちは取材にご承諾していただけた方々、一人一人にその思いを伺いました。
多くの人たちは何気ない日常を美しく描いた京アニの数々の作品に救われたと感謝の気持ちを話しました。その一部の声です。
「仕事がつらいときも「けいおん!」を見て、なんとか心を保つことができた。生きる支えだった」(20代男性)

「いじめにあっていた学生時代、作品が救いの手となり、仲間や居場所を与えてくれた」(20代男性)

「京アニはほかの会社にはない繊細な作画描写がすばらしく、水や楽器など表現が難しいところも美しく再現してくれるアニメーターがいっぱいいた」(20代女性)

「京アニの作品が自分がアニメの仕事に就くきっかけになった。同じ仕事をする仲間の命が失われたことは本当に悔しい」(20代男性)

「冥福を祈らないといけない。でも焼け焦げた建物をみるのはつらい。だから日が沈んで見えなくなってから来ました。現実は受け入れられていない」(50代男性)

イラストをささげる人たちも

京都アニメーションの作品の人気キャラクターを描いた手書きのイラストを献花台にささげる人たちも多くいました。
事件からちょうど1か月がたった8月18日。中学1年生の女の子が手に持っていたのは大好きなアニメ「日常」のキャラクターのイラストでした。スタッフのことを思いながら一生懸命、自分で描いたと話してくれました。
「たくさんの人を感動させられるアニメを作ったアニメーターの皆さんが、暴力によって亡くなり、けがを負って、すごく悲しい気持ちです。私にとって京アニは笑顔と幸せを与えてくれるものです」(中学1年生の女子生徒)

京アニ作品が人生を変えた

献花台には日本だけでなく欧米や中国など、世界中から作品のファンだという人たちも訪れました。
そのうちの1人、イギリス人の留学生、ユージン・リーさん(19)。京都を留学先に決めた理由が「京都アニメーションの作品の舞台を訪れたかったからだ」と話しました。

リーさんが特に影響を受けたのが人気アニメ『氷菓』。

他人と積極的に関わろうとしなかった主人公の男子高校生が、ヒロインや友人との交流を通して、人生に彩りを得ていく物語です。

リーさん自身も高校生の頃は、主人公と同じように友人と深い関係を築こうとせず、その場かぎりのつきあいでかまわないと思っていました。しかし『氷菓』を見たことで、友人を大事にして人生をより豊かにしたいと考えるようになり、生き方が変わったといいます。
「京アニのキャラクターは本物の人間みたいで、体の動きだけで感情が分かる。主人公の人生は僕の人生に似ているところもあって、『氷菓』をみて残りの高校生活を友達と一生懸命楽しみたいと思った。そうしなかったら、今友達との関係や絆はたぶんないと思う。人々に喜びと幸せを届けようとしている京アニのスタッフにこんなことが起きていいわけがない」(ユージン・リーさん)

世界から京アニへ応援メッセージ

リーさんは感謝の思いを伝えたいと、世界中の人たちにインターネットを通じて呼びかけ、応援メッセージを集めました。

1週間ほどで、欧米、インド、オーストラリアなどのおよそ120人から京アニへの思いが届きました。

リーさんは、そのことばの一つ一つを丁寧に色紙に書き写し、第1スタジオの前ですべて読み上げました。最後に「ありがとう京アニ」とつぶやき、色紙を献花台にささげていました。寄せられた応援メッセージの一部です。
“Your works helped me keep going during tough times. When I wanted to kill myself, your shows made me feel happy. I am praying for you, Kyoani. Take as long as you need to recover,I will be waiting.”
(あなたたちの作品のおかげで、私は困難が立ちはだかる時も立ち止まらずにいられました。私が自殺したいと考えた時、あなたたちの作品が私に幸せを感じさせました。私は京アニのために祈っています。立ち直るには長い時間がかかると思いますが、私は待ち続けます)
“Thank you for your works over the years! They have helped to shape my worldview and encourage me to live better!”
(長年にわたるアニメ制作に感謝します。京アニのアニメが私の世界観を形づくり、よりよい人生を与えてくれています)

“TUNAGU”思い

京都アニメーションに寄せられた寄付金は20億円を超え(8月29日時点)、クラウドファンディングやアニメの舞台となった聖地でも募金の呼びかけが続いています。

一方で数々の作品を生み出してきた多くのアニメーターが犠牲になり、遺族への支援や会社の再建に向けて、息の長い取り組みが求められることになります。

今回、私たちは献花台を訪れた100人以上の方々からお話をお伺いしました。

「亡くなられた方々の思いや作品をつないでいきたい」「今度は私たちが支援をする番だ」といった声が多く聞かれました。

こうした一人一人の思いをつないでいけるよう、私たちはこの事件と向き合い続けていきたいと思います。
高松放送局記者
谷口碧
平成28年入局
京都放送局記者
海老塚恵
平成30年入局
京都放送局記者
新地生佳
令和元年入局