ツイッター社CEOのアカウントに不正アクセス 差別的投稿も

ツイッター社CEOのアカウントに不正アクセス 差別的投稿も
アメリカのツイッター社は、会社のトップ、ジャック・ドーシーCEOのアカウントが何者かに不正にアクセスされたと発表し、セキュリティー対策が厳しく問われることになりそうです。
アメリカのメディアによりますと30日、ツイッター社のトップ、ジャック・ドーシーCEOのアカウントが何者かに乗っ取られ、人種差別的な表現やナチス・ドイツを擁護する内容のツイートが投稿されました。

ツイッター社は声明を出して、アカウントが不正にアクセスされたことを認め経緯を調査していると発表しました。ドーシーCEOのフォロワーは420万人余りに上ります。

ツイッター社によりますと、その後アカウントは正常に戻り、会社のシステムに問題はないということです。

ツイッター社のトップのアカウントが乗っ取られる事態に、利用者からは「トランプ大統領のアカウントは大丈夫なのか」などと信頼性に疑問を呈する声が多数投稿されています。

ツイッターは各国の政府機関や著名人が情報発信に活用し影響力が高まっているだけに、セキュリティー対策が厳しく問われることになりそうです。