横浜市営地下鉄が壁に衝突 運転士軽傷 居眠りか

横浜市営地下鉄が壁に衝突 運転士軽傷 居眠りか
k10012054951_201908291552_201908291603.mp4
29日朝、横浜市の市営地下鉄ブルーラインの駅で、客を降ろしたあとの電車が折り返し運転のため引き込み線に入ったところ、停止位置を通り過ぎてそのまま壁に衝突しました。運転士が軽いけがをし、「居眠りをしていた」と話しているということで、横浜市交通局は詳しい状況を調べています。
横浜市交通局によりますと、29日午前8時半ごろ横浜市泉区にある市営地下鉄ブルーラインの踊場駅で、引き込み線に入った6両編成の電車が停止位置を通り過ぎて30メートルほど先にある壁に衝突しました。電車は引き込み線内を少なくとも140メートル以上走り、車止めも破壊したとみられるということです。

電車は駅で乗客を降ろしたあと、折り返し運転のために引き込み線を経由して下り線側から上り線側のレールに移ろうとしていたということです。

車両に乗っていたのは42歳の男性運転士だけで、ひざに軽いけがをし、「引き込み線に入った際に居眠りをしてしまった」と話しているということです。

運転士は28日午後3時半ごろから休憩を取りながら働き、29日午前5時すぎまでの4時間ほどは、交通局の施設で仮眠もとっていたということで、横浜市交通局は詳しい状況を調べています。

横浜市営地下鉄では、ことし6月にも電車がレール上に置き忘れられた点検器具に乗り上げて脱線する事故が起きたばかりで、公共交通機関としての安全性が揺らぐ事態が続いています。