北海道「自画撮り」規制 全国初の懲役刑も 条例素案明らかに

北海道「自画撮り」規制 全国初の懲役刑も 条例素案明らかに
子どもたちに自分の裸を撮影させ、画像をメールなどで送らせる「自画撮り」を規制する北海道の改正条例案の素案が明らかになりました。常習性が認められた場合、全国では初めてとなる懲役刑を盛り込む厳しい内容とする方針です。
子どもに自分の裸を撮影させ画像をメールなどで送らせる「自画撮り」の被害が相次いでいることから、北海道は青少年健全育成条例を改正し規制を強化することにしていて、改正条例案の素案が明らかになりました。

それによりますと、しつこく画像を要求するといった常習性が認められた場合には6か月以下の懲役または50万円以下の罰金を科すとしていて、全国で初めて懲役刑を盛り込むことにしています。

また13歳未満の子どもに画像を要求する行為は、子どもの同意の有無にかかわらず罰金刑を設けるとしているのも全国で初めてで、厳しい内容とする方針です。

このほか卑わいな描写が含まれるゲームソフトを有害図書類に指定し、18歳未満への販売を禁止することにしています。

道は改正条例案を来月開会する道議会に提出し、来年1月の施行を目指すことにしています。