富士山山頂付近で落石 登山中の女性1人死亡

富士山山頂付近で落石 登山中の女性1人死亡
k10012048921_201908261229_201908261235.mp4
26日朝、富士山の山頂付近を登っていた29歳のロシア国籍の女性の胸などに落石が当たって死亡し、警察は事故の詳しい原因を調べています。
警察と消防によりますと、26日午前5時ごろ、富士山の山頂からおよそ200メートルの登山道付近で、東京 品川区に住むロシア国籍のドゥブロヴィナ・アンナさん(29)に落ちてきた石が当たって転倒する事故がありました。

一緒に登っていた日本人の30代の夫から通報を受けた県の誘導員が山小屋や消防に連絡し、倒れていたドゥブロヴィナさんは8合目付近まで下ろされましたが、胸などを強く打っていて死亡が確認されました。

警察によりますと、ドゥブロヴィナさんは25日夜9時ごろ、5合目の山梨県富士吉田市側の登山口を出発し夫と2人で山頂を目指して登っていたということで、警察が夫から話を聞くなどして事故の原因を調べています。

富士山では7月から9月までが夏山シーズンで、警察によりますと、落石による死者が出たのは今シーズンは初めてで、山梨県側で記録が残っている平成20年以降では初めてだということです。

静岡県によりますと、富士山の静岡県側では平成21年に富士宮口の新5合目の駐車場で斜面から落ちてきた岩が車を直撃し、車内にいた男性1人が死亡する事故が起きています。