衝突の車大破 助手席女性に消防気付かず 6時間後発見も死亡

衝突の車大破 助手席女性に消防気付かず 6時間後発見も死亡
25日、茨城県かすみがうら市で起きた交通事故で、消防隊員が車の助手席にいた女性に気付かず、発生から6時間後になって車内で発見されましたが死亡が確認されました。
25日午前4時すぎ、かすみがうら市の国道で、茨城県鉾田市の廣瀬忠昭さん(74)が運転する軽自動車が別の車と正面衝突し、廣瀬さんが死亡しました。

軽乗用車の助手席には妻の多恵子さん(75)が乗っていましたが、現場に駆けつけた消防隊員は気付かず、病院に搬送されませんでした。

軽自動車は土浦警察署に運ばれ、事故の発生から6時間後の午前10時ごろになって、助手席の多恵子さんが発見され、病院に搬送されましたが、すでに死亡していたということです。

かすみがうら市の坪井透市長は「車両が大破していたとはいえ救助できなかったことは遺憾であり、詳しい状況を調査し、再発防止に努めます」というコメントを出しました。

土浦警察署は「事故現場における確認を徹底し、再発防止に努めます」というコメントを出しています。