史上初の宇宙空間での犯罪の可能性

史上初の宇宙空間での犯罪の可能性
アメリカのメディアは、女性宇宙飛行士が、国際宇宙ステーションからパートナーの銀行口座に不正にアクセスした疑いがあるとして、NASA=アメリカ航空宇宙局が調べていると伝え、「宇宙空間で起きた史上初めての犯罪になる可能性がある」として、調査の行方が注目されています。
アメリカの複数のメディアは、24日、ことし6月までの半年間、国際宇宙ステーションに滞在していたNASAのアン・マクレイン飛行士が、宇宙空間から同性のパートナーの銀行口座に不正にアクセスした疑いがあるとして、NASAが調査していると伝えました。

パートナーが口座の不審な閲覧履歴に気付いて銀行に問い合わせたところ、NASAのパソコンからアクセスがあったことがわかり、NASAなどに被害を申し立てたということです。

現地メディアは、背景にパートナーの子どもに対する親権をめぐるトラブルがあると報じ、「子どもの養育に十分な残高があるか確認しようとした」というマクレイン飛行士の弁護士の話を紹介しています。

また、マクレイン飛行士もツイッターで「主張は明らかに真実ではない」と反論したうえで「調査が終わるまでコメントを差し控えたい」としています。

アメリカのメディアは「宇宙空間で起きた史上初めての犯罪になる可能性がある」と報じていて、調査の行方が注目されています。