エンジェルス 大谷 手術後初のスライダー投球

エンジェルス 大谷 手術後初のスライダー投球
大リーグ、エンジェルスの大谷翔平選手が24日、去年10月に右ひじの手術を受けてからブルペンで初めてスライダーを投げました。
昨シーズン、大リーグでも投打の二刀流で活躍した大谷選手は去年10月に右ひじの手術を受けたため、今シーズンの試合ではバッターに専念しています。

大谷選手はピッチャーとしては来シーズンの復帰に向けてリハビリを行っていてことし6月末からブルペンでの投球練習を再開し、これまでに速球とカーブを投げてきました。

大谷選手は24日、試合前に対戦相手のアストロズの本拠地、ヒューストンの球場で手術後12回目となるブルペンでの投球練習を行いました。

大谷選手はブルペンでは、キャッチャーを座らせて休憩をはさんで35球を投げ、手術後初めてスライダーを5球投げたほか、カーブを13球、さらに練習の後半には速球に力を入れて最速でおよそ140キロのボールを投げました。

大谷選手は「前回の投球よりも力を入れて投げた。変化球は投げ始めたばかりだが全体的にキレもよく変化の幅も納得している」と話しました。