FRBパウエル議長 追加利下げを示唆

FRBパウエル議長 追加利下げを示唆
米中の貿易摩擦が激化して、金融市場が不安定になっていることから、アメリカの中央銀行にあたるFRB=連邦準備制度理事会のパウエル議長は23日、来月の会合で追加の利下げに踏み切る可能性を示唆しました。
FRBのパウエル議長は23日、アメリカ西部ワイオミング州の避暑地、ジャクソンホールで開かれている、経済シンポジウムで講演しました。

この中でパウエル議長は世界経済の状況について「この3週間で中国への関税措置の表明やドイツ経済の減速、それに香港情勢などの混乱した状況がみられ、金融市場が強く反応し、不安定になっている」と述べ、世界経済の先行きに強い懸念を示しました。そのうえで「アメリカの景気拡大を維持するために適切に行動する」と述べ、来月の会合で追加の利下げに踏み切る可能性を示唆しました。

パウエル議長は、先月、およそ10年半ぶりの利下げに踏み切った後の会見では「長期にわたる利下げの始まりではない」と述べ、追加の利下げには慎重な姿勢を示していましたが、米中の貿易摩擦の激化によって、一転して、さらなる利下げが必要だという判断に傾いた形です。

一方、パウエル議長は「貿易政策を決めるのは政府と議会の仕事だ。金融政策は消費や投資を支える強力な手段だが、国際貿易のルールブックを提供することはできない」と述べ、貿易摩擦による景気の減速に金融政策で対応するのは限界があるとして、トランプ政権への不満をあらわにしました。

トランプ大統領は不満示す

パウエル議長の講演について、アメリカのトランプ大統領は23日、ツイッターに「いつものようにFRBは何もしなかった。私が何をしているかを知らずに 講演するのは信じられないことだ」と投稿しました。

これはFRBのパウエル議長が追加の利下げに踏み切る可能性を示唆したものの、トランプ大統領が求める1%という大幅な追加利下げの要求には応じていないという不満を示しているものとみられます。