GSOMIA破棄 米が韓国を批判「非常に失望している」

GSOMIA破棄 米が韓国を批判「非常に失望している」
韓国が軍事情報包括保護協定=「GSOMIA」の破棄を決めたことについて、アメリカは地域の安全保障に悪影響を及ぼしかねないとして、異例の強い調子で批判していて、日韓両国が関係改善を急ぐよう強く促していく方針です。
韓国の決定についてアメリカ国務省は22日、NHKの取材に対し、「非常に失望している」とする広報担当者のコメントを出しました。

この中で、「アメリカはムン政権に対し、破棄を決めれば、アメリカと同盟国の安全保障上の利益に悪影響を及ぼし、北東アジアの深刻な安全保障問題へのムン政権の大いなる思い違いを示すことになると繰り返し伝えてきた」として、異例の強い調子で批判しています。

また、アメリカ国防総省も「韓国の方針に強い懸念と失望を表明する」として、極めて異例の声明を出しました。

アメリカは、協定の維持を働きかけてきたにもかかわらず、韓国が破棄を決めたことで、北朝鮮や中国、それにロシアへの対応に悪影響を及ぼしかねないと懸念を強めているものとみられます。

ポンペイオ国務長官は22日、訪問先のカナダで行った会見で、「アメリカは、日本と韓国が対話を続けるよう強く促している。両国に関係正常化に踏み出してもらいたい」と述べていて、アメリカは、日韓両国が関係改善を急ぐよう強く促していく方針です。