「香港で対立あおる投稿 中国が関与」SNSアカウント閉鎖

「香港で対立あおる投稿 中国が関与」SNSアカウント閉鎖
香港で続く抗議活動をめぐり、アメリカのツイッターとフェイスブックはデモの正当性をおとしめるなど政治的な対立をあおる内容が投稿されていたとして900以上のアカウントを閉鎖したと発表しました。

これらのアカウントには中国当局の関与が確認されたとしています。
これは19日、ツイッターとフェイスブックがそれぞれ声明を出して明らかにしました。

このうちツイッターは、中国本土で作られた936のアカウントを閉鎖しました。これらのアカウントでは、デモの正当性をおとしめる内容が投稿され、香港の政治的対立をあおったとしています。

中国ではツイッターの使用が規制されていますが、多くのアカウントはVPNと呼ばれるサービスを使ってツイッターにアクセスしていて、調査の結果、中国当局が組織的に関与していたことが分かったということです。

またフェイスブックも、デモ隊を銃で武装した過激派組織になぞらえるなどした5つのアカウントや7つのページを閉鎖しました。報道機関を装うために、偽のアカウントを使うなどしてデモに関する投稿をしていたということで、中国当局とつながりがある人物が関与していたということです。

SNSをめぐってはその影響力の大きさから、政府機関などによって世論を誘導するために利用されるという懸念も指摘されていて、両社は今後もこうした不正行為を見つけ対応していくとしています。

中国外務省報道官 不満を示す

香港で続く抗議活動をめぐって、アメリカのツイッターとフェイスブックが、900以上のアカウントを閉鎖したと発表したことについて、中国外務省の耿爽報道官は、20日の記者会見で「現在の香港情勢への14億の中国人の態度がいかなるものかは、多くの人がよく分かっているはずだ。海外にいる華僑や留学生がどのような態度かも、よく分かっているはずだ。彼らの見方や考えを表明する権利は当然ある」と述べ、不満を示しました。