「あおり運転」 別人の女性がネットデマで被害

「あおり運転」 別人の女性がネットデマで被害
茨城県内の常磐自動車道で起きたあおり運転の事件では、逮捕された男の車に同乗し、現場の様子を携帯電話で撮影していた女の映像がネット上などで広まりましたが、全く関係のない女性がこの女だとしてネット上に名前をさらされ、代表を務める会社に電話が殺到するなどの被害を受けていることがわかりました。
女性の弁護士は声明を出し、「事実無根で法的措置も検討する」としています。
この事件では大阪市の会社役員、宮崎文夫容疑者(43)が傷害の疑いで逮捕されたほか、宮崎容疑者をかくまっていた疑いなどで車に同乗していた交際相手の喜本奈津子容疑者(51)が逮捕されました。

さらに、この事件をめぐっては2人が逮捕される前に被害者が暴行を受ける姿やその様子を携帯電話で撮影する喜本容疑者の動画が広まり、全く関係のない女性が喜本容疑者だとしてネット上に名前や写真、それに代表を務める会社名がさらされていることがわかりました。

17日朝、事態に気付いた女性が、SNS上で「起きたら犯罪者扱いされてびっくりですが完全に事実と異なります」というメッセージを出したものの会社にも電話が殺到し、業務にも支障が出たということです。

このため女性の弁護士が18日付で、事実無根であり、虚偽の情報を広めている者に対して法的措置を検討することなどを記した声明文を出しました。

弁護士によりますと女性が間違われたのは、面識のない宮崎容疑者が女性のSNSのアカウントをフォローしていたこと、喜本容疑者が身につけていた帽子やサングラス、洋服が女性がSNSで公開していた自身の写真の中で、身についていたものと似ていたためではないかと考えられるということです。

小沢一仁弁護士は「極めて薄弱な根拠で社会的関心の高い刑事事件の被疑者としてネットで公表し、無関係な人が極めて大きい不利益を被ってしまう現在の風潮は非常に危険で、インターネットを利用する人は注意してほしい」としています。