サッカーの試合前 サポーター乱闘で3人死亡 ホンジュラス

中米のホンジュラスで、プロサッカーの強豪チームの試合の際、サポーターの間で乱闘となり、3人が死亡しました。
中米ホンジュラスの首都テグシガルパにあるサッカースタジアムで17日午後、プロサッカーリーグの強豪チーム「モタグア」と「オリンピア」の対戦を前に、サポーターの間で乱闘が起きました。

またサポーターの一部は機動隊の制止を振り切って、フェンスをこじあけてグラウンドに立ち入りました。

病院関係者がロイター通信に明らかにしたところによりますと、この乱闘で3人の死亡が確認され、7人が銃で撃たれたり刃物で切りつけられたりしてけがをしたということです。

またモタグアの選手が乗るバスの窓ガラスが割られ選手3人がけがをしたということで、チームの公式ツイッターに投稿された写真には、ガラスが割れたバスの様子が写っています。

警察はガラスを割ったのはオリンピアのサポーターだったと見て、乱闘が起きたいきさつなどを捜査しています。

乱闘の影響で試合は延期され、両チームはそれぞれ声明を発表し「スポーツイベントでの暴力行為に抗議する」などとコメントしています。