広島 バティスタ ドーピング検査で陽性反応 登録抹消

広島 バティスタ ドーピング検査で陽性反応 登録抹消
プロ野球・広島は今シーズン26本のホームランを打っているサビエル・バティスタ選手が、NPB=日本野球機構からドーピング検査で禁止薬物に陽性反応を示したと通知を受け、17日、バティスタ選手の1軍の出場選手登録を抹消しました。
NPBによりますと、バティスタ選手はことし6月に受けたドーピング検査で、禁止薬物に陽性反応を示したことから16日夜、球団に通知したということです。

これを受けて球団は17日、バティスタ選手の1軍の出場選手登録を抹消しました。

バティスタ選手は事情を説明することを希望しているということで、NPBは弁明の機会をもったうえで、調査裁定委員会を開いて処分を検討することにしています。

プロ野球のドーピング検査による違反は、ことし6月に処分を受けたオリックスのジョーイ・メネセス選手以来7人目となります。

NPBの井原敦事務局長は「ドーピング違反が出たことは大変残念だ。とくに外国選手が続いており、今後の啓発活動の課題として認識している」と話しています。

広島 球団本部長「とても残念」

広島の鈴木清明球団本部長は「とても残念なことだ。バティスタ選手の説明の内容は言えないが、彼の主張があるので、弁明には一緒に出て、われわれもその主張に沿って対応していく。すべての結果が出た時にまた改めて話したい」と話しました。

リーグ3連覇に貢献 貴重な長距離バッター

サビエル・バティスタ選手は、ドミニカ共和国にあるカープアカデミー出身の27歳の外野手で、長打力が持ち味の右バッターです。

広島では平成28年から育成選手としてプレーし、おととしのシーズン途中に、1軍での出場が可能な支配下選手に登録され、61試合に出場し、11本のホームランを打ちました。

続く昨シーズンは99試合に出場し、チームで3番目に多い25本のホームランを打って、チームのリーグ3連覇に貢献しました。

今シーズンは持ち前の長打力に加え、守備が安定してファーストでの起用も多くなり、シーズン序盤から中軸を任されました。

ここまでは103試合に出場し、打率2割6分9厘、64打点、ホームランはチームトップの26本を打ち、広島では貴重な長距離バッターとしてチームの攻撃を支えていました。