水質悪くスイム中止 「手も見えない」 東京パラテスト大会

水質悪くスイム中止 「手も見えない」 東京パラテスト大会
東京オリンピック・パラリンピックのテスト大会を兼ねたパラトライアスロンの国際大会が、本番の会場となる東京・お台場海浜公園で行われましたが、水質検査で国際競技団体が定める基準値を大幅に上回る大腸菌が検出されたため、スイムが中止され、ランとバイクの2種目によるデュアスロンに変更されました。
テスト大会を兼ねたこの大会は、来年の東京オリンピック・パラリンピックの競技会場となるお台場海浜公園周辺を舞台に、15日から行われています。

大会の実行委員会によりますと、16日午前中に予定されていたトライアスロン男子のレースは通常どおり行われましたが、16日午後1時に行った水質検査で、国際競技団体が定める基準の2倍を超える大腸菌が検出されたということです。

このため、17日に予定されていたパラトライアスロンの国際大会は、スイムを中止してランとバイクの2種目によるデュアスロンに変更されました。

デュアスロンは、ランが2.5キロ、自転車やハンドサイクルで走るバイクが20キロ、最後に再び、ランが5キロで行われ、本番と同じコースで実施される予定だったランは、コースの一部が変更されました。

レースではランを得意とする女子車いすのクラスの土田和歌子が優勝したほか、女子運動機能障害のクラスでは谷真海選手が2位に入りました。

「濁りがひどく、手も見えない」

16日に練習で泳いだ女子運動機能障害のクラスの谷真海選手は「濁りがひどく、手も見えない感じだったし、水温も高く流れも強かった。スイムを行うのであれば、タフなレースになると予想していた」と振り返りました。

そのうえで、「スイムを行わなかったのは主催者のいい判断だった。水質の改善も含めて、何があるか分からないので、シチュエーションに合わせて対応できるようにしたい」と話しています。

また、男子運動機能障害のクラスの宇田秀生選手は「細かいことは分からないが、あと1年あるのでしっかり整えていただいて、できればスイムも含めた3種目のトライアスロンで大会を実施してほしい」と話していました。

雨で生活排水などが流出 選手から懸念の声も

トライアスロンとオープンウオータースイミングの競技会場となるお台場海浜公園をめぐっては、おととしの夏に行われた水質調査で、競技団体が定める基準値を大幅に上回る大腸菌などが検出されていました。

東京オリンピック・パラリンピックの大会組織委員会と東京都では、雨が降ると生活排水などの汚水が浄化処理されないまま海に流れ出ることが原因とみて、去年の夏、公園内の2か所にポリエステル製のスクリーンを張って、大腸菌などが流れ込むのを防ぐ実験を行いました。

27日間行った実験で、スクリーンを張っていないエリアでは半数近い13日間で大腸菌が基準を上回った一方、スクリーンを1重に張ったエリアでは、大腸菌の基準値を上回ったのがわずか2日だったほか、海底に落とし込んだものを含め3重に張ったエリアでは、すべての日で基準値を下回りました。

今回のテスト大会では、設置する工期なども考慮して、今月11日に行われたオープンウオータースイミングも含めて1重のスクリーンで行われましたが、オープンウオータースイミングの選手からも水質に懸念を示す声が上がっていました。

日本トライアスロン連合の大塚眞一郎専務理事は、17日の状況について、「台風10号に伴う雨やそのタイミングでの潮の影響が重なって、スクリーンの効果を上回る状況だった」と話しています。

大会組織委員会はテスト大会をコストをかけて大々的に行うのではなく、運営方法などの確認を主な目的としていて、来年の本番ではスクリーンを3重に設置する方向で検討を進めています。

「五輪でも競技の変更ありうる」

トライアスロンでは、ルールで競技ができる水質についても定められていますが、国際トライアスロン連合によりますと、16日午後1時に行った水質検査で基準の2倍を超える大腸菌が検出され、4段階に分けられているレベルで最も悪かったということです。

ことし6月にイギリスで行われたミックスリレーの世界シリーズの大会や、同じく6月にカザフスタンで行われたワールドカップでも水質の影響でスイムが取りやめとなり、2種目によるデュアスロンに変更されたということです。

大塚専務理事は「トライアスロンは自然を相手にしているので、台風や低気圧など、さまざまな自然条件に応じて変更のマニュアルがある。競技環境が用意できない事象があれば、競技内容を変更することは世界選手権でも経験があり、オリンピックでもそういうことがあれば、ルールに従い変更をほどこす」と本番でも変更がありうるという認識を示しました。

一方で「今回の経験が生かされ、選手が競技できる環境を用意してもらえるよう組織委員会に求めていく」と話し、来年のオリンピックでは、きちんとトライアスロン競技ができる態勢を求めました。