東北道 佐野サービスエリア なぜ?営業休止…戸惑いの声

東北道 佐野サービスエリア なぜ?営業休止…戸惑いの声
k10012035211_201908141834_201908141839.mp4
お盆をふるさとや行楽地で過ごした人たちのUターンラッシュがピークを迎える中、東北自動車道の上り線の佐野サービスエリアでは、14日未明からレストランなどが営業を休止し、利用客から戸惑いの声が上がっています。
佐野サービスエリアのレストランやフードコート、それに土産物コーナーでは、14日未明から店の入り口に営業休止を知らせる紙が貼られ、店内の電気も消えています。

サービスエリアには休業を知らない家族連れなどが訪れ、貼り紙を見ながら戸惑いの表情を浮かべていました。

帰省先の福島から千葉へ帰る途中だという46歳の男性は、「お昼を食べようと思いましたが、営業していないと知りびっくりしました。次のサービスエリアで食べるしかないですね」と話していました。

ネクスコ東日本によりますと、この営業休止はレストランなど店舗を運営している会社の事情によるものだということで、再開の見通しは立っていないということです。

一方、このサービスエリアから歩いて移動できる下り線のサービスエリアでは、レストランや土産物店が通常どおり営業していることから、ネクスコ東日本は、警備員を配置して下り線側の店舗を利用するよう呼びかけています。

ネクスコ東日本は、「多くの方が利用する時期にご迷惑をおかけして、心からおわび申し上げます。営業の再開に向け、準備を急ぎたい」とコメントしています。