新潟 上越 ことし全国初の40度超 日本海側あすも熱中症警戒

新潟 上越 ことし全国初の40度超 日本海側あすも熱中症警戒
k10012034671_201908141730_201908141746.mp4
台風の影響で暖かい空気が流れ込んでいるため、14日は日本海側を中心に気温が上がり、新潟県上越市で40度3分と、ことし全国で最も高い気温を観測しました。日本海側では15日も気温が上がる見込みで、引き続き熱中症に厳重な警戒が必要です。
気象庁によりますと、西日本に接近している台風10号の影響で、14日は東北から西日本の各地に暖かい空気が流れ込んで気温が上がりました。

特に日本海側では、山を越えて暖かい風が吹き降ろすフェーン現象が起きて気温が高くなり、新潟県上越市では、午後1時前に最高気温が40度3分に達し、ことし全国で最も高い気温を観測しました。

このほか新潟県三条市で39度5分、山口市で38度ちょうど、鳥取市で37度8分、秋田県五城目町で36度6分、福井市で36度4分などと、各地で猛烈な暑さになりました。

新潟県や北陸、それに東北の日本海側では、15日も台風の影響で気温が上がる見込みで、日中の最高気温は新潟市と金沢市で38度、富山市で37度、山形市と秋田市で35度などと予想されています。

引き続き、熱中症に厳重に警戒してください。
こまめに水分を補給し、屋外での運動はできるだけ避け、室内では冷房を使うなど対策を取ってください。

旅行客「まるで砂漠にいるよう」

新潟県三条市から訪れた女子中学生は、「暑くて汗が吹き出て、まるで砂漠にいるようです。かぜをひかないように汗をちゃんと拭きたいと思います」と話していました。

また和歌山県から旅行で訪れた40代の女性は、「和歌山よりも暑いです。これまで経験したことがない暑さで、湿度がすごいです。せっかくなので暑さも楽しみたいです」と話していました。