住宅街に連日出没のクマ駆除 札幌 南区

住宅街に連日出没のクマ駆除 札幌 南区
k10012034331_201908141223_201908141225.mp4
住宅街で連日、クマが目撃されていた札幌市南区で14日朝、クマ1頭を、猟友会のメンバーが、猟銃で駆除しました。警察と市は、危険性がなくなったとして警戒態勢を解除しました。
札幌市南区の藤野地区や隣接する簾舞地区では今月3日の深夜以降、12日間連続でクマが出没していて、13日は、藤野地区にある高校で目撃されたほか、夜には、NHKの取材班が住宅の家庭菜園で、トウモロコシを食べるクマの姿を目撃しました。

警察や市によりますと、14日午前6時すぎ、13日にクマが目撃された高校からおよそ1キロほど離れた山林で、クマ1頭を猟友会のメンバーが見つけて発砲し、死んだことを確認しました。

駆除されたクマは体長1メートル40センチ、体重が128キロの推定8歳のメスで、市によりますと専門家が外見などから連日、住宅街に出没していたクマだと判断したということです。

警察と市は駆除されたことで、危険性がなくなったとして警戒態勢を解除しました。

今月7日にクマに畑のトウモロコシを食い荒らされる被害に遭った80代の男性は「駆除されて安心しました」などと話していました。