台風10号は超大型 15日にかけ西日本に上陸か 非常に激しい雨も

台風10号は超大型 15日にかけ西日本に上陸か 非常に激しい雨も
超大型の台風10号は、14日には西日本に接近し、15日にかけて上陸するおそれがあります。13日は広い範囲で大しけになる見込みで高波に警戒してください。西日本と東日本では台風の接近前から非常に激しい雨が降り、さらに台風本体の雨雲がかかって大雨となるおそれがあり、気象庁は早めの備えを呼びかけています。
気象庁によりますと、超大型の台風10号は日本の南の海上を北西に進んでいて、今後、発達して強い勢力となり、14日には西日本に接近し、15日にかけて上陸するおそれがあります。

沖縄 奄美や西日本と東日本の太平洋側ではすでに波が高まり、13日予想される波の高さは6メートルから7メートルと大しけとなる見込みで、広い範囲で高波に警戒してください。

また、台風周辺の暖かく湿った空気が流れ込むため、西日本と東日本の太平洋側では13日から雷を伴って非常に激しい雨が降り、山の東側や南東側の斜面を中心に大雨となるおそれがあります。

さらに、西日本を中心に15日ごろにかけて台風本体の雨雲がかり、雨量がかなり増える見込みです。

お盆休み期間中に風や雨が強まって大荒れの天気となり、土砂災害などの危険性が高まるおそれがあります。

気象庁は最新の台風情報を確認し、早めに備えを進めるよう呼びかけています。

強風域 本州のすべて入る広さ

台風10号は12日午後3時に「超大型」の台風となりました。

気象庁は台風の大きさを風速15メートル以上の強風域の広さで分類していて、「超大型」は強風域が半径800キロ以上の台風です。

これは本州がすべて入るほどの広さにあたります。

強風域が広いと台風の中心が比較的離れているうちから風が強まり、沿岸では波が高まるおそれがあります。

また、台風10号はこれから海水温の高い領域を進む見込みで、今後発達し「強い」台風になって西日本に接近するおそれがあります。

今後の情報に注意してください。