女子サッカーチーム合宿先の脱衣所にカメラ 引率の男を逮捕

女子サッカーチーム合宿先の脱衣所にカメラ 引率の男を逮捕
少年少女のサッカーチームの運営などを行う、東京・荒川区のNPO法人の代表理事の男が、8日、チームの合宿先の栃木県那須塩原市の旅館で、選手の女子中学生らが利用する浴場の脱衣所に小型カメラを設置したとして、栃木県の迷惑防止条例違反の疑いで逮捕されました。
逮捕されたのは、東京・荒川区のNPO法人の代表理事を務める石尾潤(29)容疑者です。

警察によりますと、8日午後6時ごろ、那須塩原市の旅館の浴場の脱衣所に、女子中学生らの裸を盗撮しようと小型カメラを設置したとして、栃木県の迷惑防止条例違反の疑いが持たれています。

石尾容疑者は、少年少女のサッカーチームの運営などを行うNPO法人の代表理事で、当時はおよそ30人の女子選手が参加する合宿のため、関係者とともに7日から2泊3日の日程で旅館に宿泊していたということです。

女子中学生らが入浴しようと脱衣所に入った際に、カメラに気付いて事件が発覚したことから、石尾容疑者が8日午後10時すぎに警察に自首したということです。

石尾容疑者は「カメラを仕掛けて盗撮したことは間違いない」と容疑を認めているということです。

警察は詳しいいきさつを調べています。