台風9号 遠ざかるも高波・高潮など厳重警戒を

台風9号 遠ざかるも高波・高潮など厳重警戒を
k10012029051_201908090645_201908090649.mp4
大型で非常に強い台風9号は、沖縄県の先島諸島から遠ざかりつつありますが、吹き返しの風が吹いており、気象台は、引き続き高波や高潮などに厳重に警戒するよう呼びかけています。
気象庁によりますと、大型で非常に強い台風9号は、9日午前9時には、石垣島の北北西、260キロの海上を1時間に30キロの速さで北西へ進んでいるとみられます。

中心の気圧は、935ヘクトパスカル、中心付近の最大風速は50メートル、最大瞬間風速は70メートルとなっています。

台風9号は、先島諸島から遠ざかりつつありまますが、吹き返しの風が非常に強く吹いています。

9日予想される最大風速は、先島諸島で25メートル、沖縄本島地方で20メートル、最大瞬間風速は、先島諸島で35メートル、沖縄本島地方で30メートルとなっています。

また、先島諸島では9日昼前まで、多いところで1時間に60ミリの非常に激しい雨が降る見込みで、10日午前9時までの24時間に降る雨の量は200ミリと予想されています。

さらに、9日予想される波の高さは、先島諸島で11メートル、沖縄本島地方で10メートルと猛烈なしけになる見込みで、久米島では高潮による浸水や冠水のおそれがあります。

気象台は引き続き高波や高潮などに厳重に警戒するよう呼びかけています。