映画「ローマの休日」で知られる「スペイン階段」座り込み禁止

映画「ローマの休日」で知られる「スペイン階段」座り込み禁止
k10012028491_201908081858_201908081900.mp4
映画「ローマの休日」で、主人公が腰掛けたことで有名となったローマの「スペイン階段」では景観を守るため、階段に座ることが禁止となり、観光客が映画のワンシーンを追体験できない状況となっています。
ローマの「スペイン階段」は、映画「ローマの休日」で主演のオードリー・ヘップバーンが階段に腰掛けてジェラートを食べるシーンが撮影されたことで有名となり、映画と同じ体験ができることから世界中から観光客が訪れる観光名所です。

しかし近年、あまりに多くの観光客が訪れ階段に長い間滞在し、食べこぼしやゴミ捨てが問題になったことから管理するローマ市は、景観を守るため、階段で座り込むことを禁止する法令を定め、今月から取締りが始まりました。

周辺では警察官がパトロールを行い、座り込んでいる観光客に立ち上がるように声を掛けていました。

法令を守らない場合、最大で400ユーロ、日本円でおよそ4万8000円の罰金が科される可能性があるということです。

訪れた観光客からは「疲れて座っている子どもまで立ち上がるように言われていた」と不満の声が上がっていて、観光客が映画のワンシーンを追体験できない状況となっています。