国民 玉木代表「衆参会派を立民と共に」で意見集約へ

国民 玉木代表「衆参会派を立民と共に」で意見集約へ
立憲民主党から衆議院の会派に加わるよう要請されたことを受けて、国民民主党の玉木代表は、今月10日に党所属のすべての国会議員を集めた会合を開き、参議院も含めて会派をともにしたいと回答する方向で意見集約を図る考えを示しました。
立憲民主党の枝野代表は、野党勢力を結集したいとして、国民民主党などに衆議院の会派に加わるよう要請したのに対し、国民民主党は、衆参両院で足並みをそろえて対応する方針です。

これについて、国民民主党の玉木代表は記者会見で「正式に党として決定する手続きを踏みたい。今月10日に両院議員総会を開き、意見を聞くプロセスを踏んで回答したい」と述べ、参議院も含めて会派をともにしたいと回答する方向で意見集約を図る考えを示しました。

また立憲民主党側が、憲法改正やエネルギー政策などの党の政策に理解をしたうえで会派に加わるよう求めていることについて「ある程度、幅の広いウイングで受け皿を作らないと、われわれが目指した『中道』や『穏健保守』というところから外れてしまい支援の幅が狭まるだけだ」と指摘し、両党間での調整が必要だという認識を示しました。