台風9号 先島諸島 厳重警戒 台風10号 今後の進路左右するのは

台風9号 先島諸島 厳重警戒 台風10号 今後の進路左右するのは
大型で強い台風9号は8日の夜遅くから9日にかけて非常に強い勢力で沖縄県の先島諸島にかなり接近し、8日の昼すぎ以降、長時間にわたり暴風となる見込みです。気象台は暴風などに厳重に警戒し早めの対策を呼びかけています。

一方、大型の台風10号は小笠原諸島の南の海上を北上していて、気象庁は今後の情報に注意するよう呼びかけています。

台風9号 先島諸島に8日から9日にかけ接近 厳重警戒を

気象庁によりますと大型で強い台風9号は8日午後3時には石垣島の南東、500キロの海上を時速15キロの速さで北北西へ進んでいます。

中心の気圧は955ヘクトパスカル、中心付近の最大風速は35メートル、最大瞬間風速は50メートルで、中心から半径150キロ以内では風速25メートル以上の暴風が、半径500キロ以内では15メートル以上の強い風が吹いています。

台風は、発達しながら北上を続け、8日の夜遅くから9日にかけて非常に強い勢力で先島諸島にかなり接近する見込みです。

先島諸島で、7日、予想される最大風速は20メートル、最大瞬間風速は30メートルとなっています。

さらに8日は最大風速が八重山地方で45メートル、宮古島地方で35メートル、最大瞬間風速が八重山地方では60メートル、宮古島地方で50メートルとなっていて、先島諸島では8日昼すぎ以降、長時間にわたり暴風となる見込みです。

先島諸島で予想される波の高さは、7日は8メートルの大しけ、8日は12メートルと猛烈なしけになる見込みです。

また、8日は沖縄本島地方でも猛烈なしけ、大東島地方では大しけになる見込みです。

さらに先島諸島と沖縄本島地方では高潮で浸水や冠水のおそれがあります。

気象台は先島諸島では暴風に、先島諸島と沖縄本島地方では高波や高潮にそれぞれ厳重な警戒を、さらに八重山地方では大雨に警戒を呼びかけています。

台風10号 小笠原の南を北上

大型の台風10号は小笠原諸島の南の海上を北寄りに進んでいて、今後、発達しながら今月10日から11日ごろにかけて、非常に強い勢力で小笠原諸島に近づく見込みです。

8日以降、暴風や高波に警戒が必要です。

気象庁によりますと台風10号はその後も北上を続け、場合によっては本州付近に接近する可能性もあるということです。

ただし、予報円が大きく進路が定まっていないことから今後の情報に注意するよう呼びかけています。

進路を左右するのは「太平洋高気圧」

小笠原諸島の南の海上を北寄りに進んでいる台風10号。

今後の進路を左右するのが「太平洋高気圧」です。

気象庁によりますと、台風はみずから移動することはできず、上空の風に流されることで進路を変えていきます。

「太平洋高気圧」の縁には時計回りの風が吹いていて、台風10号は今後、この風に流されることで進路を変えていきます。
「太平洋高気圧」が、あまり発達せず日本付近へ張り出さなければ、台風10号は本州付近から東へ遠ざかるとみられます。
一方で「太平洋高気圧」が発達して日本付近まで張り出すと、本州付近に接近する可能性があるということです。

気象庁は最新の台風情報を確認し、接近が予想される場合には、必要に応じて備えを進めてほしいとしています。