首相「お父さん何だって?」官房長官「俺も勘が悪いな」

首相「お父さん何だって?」官房長官「俺も勘が悪いな」
小泉進次郎議員は滝川クリステルさんと総理大臣官邸を訪れ、安倍総理大臣、菅官房長官に結婚の報告をした際のやり取りを次のように明らかにしました。
最初に菅官房長官に報告したということで、菅官房長官は「おめでとう。俺も勘が悪いな。滝川さんとどうして一緒なんだろう、犬の活動をやっているからそれかなとも思った」と話したということです。

そのあと安倍総理大臣からは「おめでとう。お父さん、何だって?」と、父親の小泉純一郎 元総理大臣の反応を尋ねられたということです。

小泉氏は「うちのおやじは相変わらずです。『1度はしたほうがいいよ』と。そういうタイプのおやじです」と応じたということです。

そして安倍総理大臣は「僕も結婚するときにお父さんに報告したんだよ。そうしたら普通『おめでとう』と言うでしょう。それがね『結婚は大変だよ』と言われたね。だけどおめでとう」と、みずからのエピソードを披露して2人を祝福したということです。

首相「令和幕開けにふさわしいカップル」

安倍総理大臣は7日夕方、総理大臣官邸で記者団に対し「きょう、小泉議員が滝川さんと結婚をするという報告に来られた。全く知らなかったので大変驚いたが、令和時代の幕開けにふさわしいカップルだと思った。30数年前に、私がお父さんの小泉純一郎先生に結婚を報告したときのことを思い出した。すばらしい家庭を築いていただきたい。幸せを祈っている」と述べました。

官房長官「幸せになってほしい」

菅官房長官は、東京都内で記者団に対し「きょう行きたいと電話があって、直前に滝川さんも一緒だと連絡があったんだが、その関係がぴったしこなかったもんだから。2人に会って雰囲気ですぐわかりました」と話しました。

そのうえで「2人には『おめでとう』と心から言いました。本当によかった。私は、自分のことを勘が悪いと思った。一緒に来るということだったので、少しはピンときてもよかったが全く考えられなかった」と述べました。

そして「正直うれしいし、幸せになってほしいなと思っている」と2人を祝福しました。