熱中症で死亡か 28歳男性 庭で日焼け中 愛知 弥富

熱中症で死亡か 28歳男性 庭で日焼け中 愛知 弥富
6日、愛知県弥富市の住宅で、庭に簡易ベッドを出して日焼けをしていた男性が心肺停止の状態で病院に運ばれ、熱中症の疑いで死亡しました。
6日午後3時半ごろ、弥富市鯏浦町の住宅で庭に簡易ベッドを出して日焼けをしていた28歳の男性がぐったりしているのを母親が見つけ、消防に通報しました。

消防によりますと男性は、心肺停止の状態で病院に運ばれて、その後、死亡が確認され、医師からは熱中症の疑いがあると診断されたということです。

母親は消防に対し「息子はよく庭で日焼けをしていた」と話しているということですが、6日何時ごろから庭にいたかはわからないということです。

隣接する愛西市では6日午後1時半すぎに34度2分を観測し、その時間の「暑さ指数」は、できるだけ外出を避けることが必要な、5段階で最も高い「危険」を示していました。