ツタンカーメン黄金のひつぎ 発見から1世紀 初めて墓から搬出

ツタンカーメン黄金のひつぎ 発見から1世紀 初めて墓から搬出
k10012021801_201908050448_201908050451.mp4
古代エジプトの王、ツタンカーメンの最も大きな黄金のひつぎが、発見からおよそ1世紀を経て初めて、修復のためエジプト南部の墓から運び出され、4日、カイロ近郊で報道陣に公開されました。
黄金のマスクで知られるツタンカーメンのミイラは、大きさが異なる3つの人型のひつぎに順に納められ、今回公開されたひつぎはその最も外側にある最大のものです。

1922年に発見されて以来、エジプト南部ルクソールの「王家の谷」にある墓で保存されてきました。

ひつぎは、日本の支援で来年中の開館を予定しているカイロ近郊のギザで建設中の「大エジプト博物館」に展示するため、初めて墓から運び出され、博物館の施設で修復が始まりました。

消毒のためのシートに入れられた木製のひつぎは、金色に輝く美しい装飾を保っていますが、ところどころひびが入ったり欠けたりしていて、修復には8か月かかるということです。

「大エジプト博物館」では、今回のひつぎを含めてツタンカーメンの副葬品およそ5000点が一堂に展示されることになっています。

エジプトのアナニ考古相は「発見以来、修復されたことがないため、ひつぎの状態は良くない。8か月かけて修復し、この名高いひつぎの展示につなげたい」と話していました。