「7pay」9月末で終了へ

「7pay」9月末で終了へ
スマートフォン決済のサービス、「7pay」の不正利用を受けて、「セブン&アイ・ホールディングス」は、このサービスを9月末で終了する方針を固めました。
コンビニ最大手「セブン‐イレブン」が先月から始めたスマートフォン決済サービスの「7pay」をめぐっては、サービス開始の翌日から何者かに不正にアクセスされて、クレジットカードなどから勝手にチャージされ、商品を購入される被害が相次ぎました。

被害を受けたのは先月29日の時点で、およそ800人、金額にして3800万円余りに上ることが確認されています。

この問題をめぐっては、サービスの登録や利用をする際に本人かどうかを段階を踏んで確認する「2段階認証」の仕組みを当初、導入していなかったなど、セキュリティーの甘さが指摘されていました。

こうした中、「セブン&アイ・ホールディングス」は、「7pay」のサービスを9月末で終了する方針を固めました。

今のままサービスを継続するのは困難だと判断したものと見られます。

会社側は1日午後3時から都内で記者会見を開き、不正利用が相次いだ原因やサービス終了という決断に至った背景などについて説明することにしています。

中国の犯罪組織が関与か警視庁3人逮捕

スマホ決済サービス「7pay」の不正利用をめぐって、警視庁は利用者になりすまして商品をだまし取ったなどとして、これまでに中国人の男女3人を逮捕しています。

警視庁によりますと、いずれも中国で利用されている無料通信アプリ「wechat」を通じて集められた、商品の購入役とみられています。

調べに対して「『電子タバコを買えば1カートン300円の報酬がもらえる』というメッセージに応じた」などと供述しているということです。

指示役からアプリを通じて「7pay」の複数のIDとパスワードが送られ、「電子タバコをできるだけ大量に購入しろ」などと指示されていたということです。

警視庁は、中国の犯罪組織が「7pay」のセキュリティーの甘さを突いて、短期間のうちに大量の電子タバコをだまし取り、中国で転売しようとしたとみて実態の解明を進めています。