着ぐるみショー練習の男性死亡 熱中症か 大阪 枚方の遊園地

着ぐるみショー練習の男性死亡 熱中症か 大阪 枚方の遊園地
28日夜、大阪枚方市の遊園地「ひらかたパーク」で、着ぐるみを着てショーの練習をしていた28歳のアルバイトの男性が意識を失い、その後死亡しました。警察は熱中症で死亡したとみて、詳しいいきさつを調べています。
28日午後8時すぎ、大阪枚方市の遊園地「ひらかたパーク」で、キャラクターの着ぐるみを着てショーの練習をしていた男性の意識がないと、園のスタッフから消防に通報がありました。

男性は病院に運ばれましたが、その後死亡しました。

警察によりますと、男性は市内に住むアルバイトの山口陽平さん(28)で、28日は園が閉園したあとの午後7時半ごろ、着ぐるみを着た状態で屋外のステージでショーの練習を始め、25分間の練習を終えて控え室に戻ったあとに意識を失ったということです。

警察は遺体の状況から熱中症で死亡したとみて、詳しいいきさつを調べています。

ひらかたパークを運営する「京阪レジャーサービス」は、「誠に遺憾であり、原因の究明と再発防止に努めます」とコメントしています。