クールジャパン発信強化へ 民間主導へ転換の新戦略

クールジャパン発信強化へ 民間主導へ転換の新戦略
k10012011331_201907280615_201907280618.mp4
マンガやアニメなど「クールジャパン」と呼ばれる日本独自の文化の発信強化に向けて、政府は新たな戦略の案を取りまとめ、発信力のある個人や団体をネットワーク化する新たな民間組織の立ち上げを支援するなど、これまでの行政主導から民間主導への転換を目指すとしています。
マンガやアニメ、和食など、日本独自の文化の海外への発信を強化するため、政府は4年前に取りまとめた「クールジャパン戦略」を見直す方針で、新たな案を取りまとめました。

それによりますと、これまでの取り組みの問題点として関係省庁などの連携が不十分で政策効果が発揮できておらず、SNSなど急速に普及する新たなコミュニケーション手段も活用できていないことなどをあげています。

そして、これまでの行政主導から民間主導への転換を目指す必要があるとして、発信力のある個人や団体をネットワーク化する新たな民間組織の立ち上げを支援することなどを掲げています。

また、海外でも知られる著名人に情報発信を行ってもらうなど、SNSを通じた情報発信を推進していくことも明記しています。

政府は来月にも知的財産戦略本部の会合を開き、新たな戦略を正式に決めることにしています。