「コーナンPay」不正アクセス相次ぎサービス停止

「コーナンPay」不正アクセス相次ぎサービス停止
ホームセンター大手「コーナン」のスマホ決済サービスで、23日から不正なアクセスが相次いだとして、運営会社は24日夕方、急きょサービスを停止しました。これまでのところ不正に決済が行われたなどの被害は確認されていないということです。
不正なアクセスがあったのは、関西を中心に展開するホームセンター「コーナン」のスマホ決済サービス「コーナンPay」です。

運営会社によりますと23日深夜、コーナンPayに登録していない人たちから心当たりのないメールが届いたという問い合わせが相次いだため、調査したところ、海外からログインを試みたとみられる不審な通信が大量に行われていたということです。

このうちおよそ100件で、利用者のメールアドレスとパスワードが使われ、不正にログインされたとみられますが、これまでのところ不正に決済が行われるなどの被害は確認されていないということです。

運営会社によりますと、過去に別の場所で流出したメールアドレスなどの情報を使って手当たりしだいに不正なアクセスが行われたとみられるということです。

このため運営会社では24日午後4時前からサービスを全面的に停止し、詳しい調査を行っているということです。

運営する「コーナン商事」は「ご不便、ご迷惑をおかけいたし深くおわび申し上げます。安心・安全を確保できるよう努力して参ります」とコメントしています。