ロシア国防省「ロシアと中国軍機 共同の警戒監視活動実施」

ロシア国防省「ロシアと中国軍機 共同の警戒監視活動実施」
ロシア国防省は23日、声明を発表し、ロシア軍機と中国軍機が日本海と東シナ海の上空で共同の警戒監視活動をはじめて実施したと明らかにしました。
それによりますと、活動に参加したのはロシア軍のTU95爆撃機2機と中国軍のH6爆撃機2機で、韓国が防空識別圏内に入ったとするロシア軍機と中国軍機とみられます。

ロシア国防省は声明のなかで「今回の活動はロシアと中国の包括的な関係を発展させ、双方の軍の共同活動の能力を高め、そして、世界の戦略的安定を強化するために行われたものだ」としています。

そのうえで「ことしの両国の軍事協力の計画内で実施されたものであり、飛行記録を見ても他国の領空を侵犯するものではない」として、これらの爆撃機についてはどの国の領空も侵犯していないと主張しています。

中ロが軍事協定締結に向け協議

ロシア政府は22日、ロシアと中国の国防省が軍事協力をめぐる協定の締結に向けて協議を進めていることを明らかにしました。

協定の具体的な内容は明らかになっていませんが、ロシア国防省の関係者はNHKの取材に対して、最終的な協議がことし9月ごろに行われ、そのあと協定が結ばれるとの見通しを示しました。

ロシアは最新鋭の地対空ミサイルシステム「S400」や、最新鋭の戦闘機などを中国に輸出しており、ロシアにとって中国は軍事技術での協力をめぐる重要なパートナーとなっています。

また、ロシアと中国がそれぞれアメリカとの対立を深める中、両国は去年9月、ロシア極東とシベリア地域で大規模な合同軍事演習を行うなど、軍事的な結び付きを強めています。

米軍司令官 中ロの協力関係強化に強い警戒感

アメリカ軍は、ロシア軍と中国軍がアジア太平洋地域での協力関係を強化しているとして警戒を強めていました。

アメリカ軍でこの地域を管轄するインド・太平洋軍のデービッドソン司令官は、今月18日にアメリカ西部、コロラド州で開かれた会合で、「興味深いことにロシア軍と中国軍は去年からことしにかけて、協調した活動を活発化させている」と指摘し、アメリカ軍として中ロ両軍の協力に注目していることを明らかにしました。

そのうえで「数週間前にロシアの爆撃機2機が台湾を一周したが、ロシア軍が中国から暗黙の了解を得て飛行した可能性がある」と述べ、台湾周辺での最近のロシアの動きと中国の反応に言及し、両国の接近を示している可能性があるという見方を示しました。

そのうえで「中国とロシアが協調して世界の秩序に反対することはわれわれが望む結果ではない」として、両国の軍事的な協力関係の強化に強い警戒感を示していました。